【番外編】とある東南アジアの国に出張に行くとそこは無法地帯だった|風俗・デリヘル・クチコミ体験談のオレバナ

HOME

俺がPR[R-18]

福岡回春性感マッサージ倶楽部

【番外編】とある東南アジアの国に出張に行くとそこは無法地帯だった

投稿者:俺 | 記事番号:175 | view:31934 | 投稿日:2014-03-01 18:31:37
▼噂には聞いていた本当に危ない東南アジアの某国

久しぶりの更新になりました。タイトル通りの内容(噂話として見て下さい)です。
この国には日本人だけではなく、白人も結構いました。
出張名目は現地への業務委託の遂行です。安い人件費で業務委託を行っている企業って結構あるんですね。

▼現地駐在員に色々と連れ回されました

移動は基本バイクです。バイクの方が現地を肌で感じられて楽しいって言われました。
基本ノーヘルで二人乗り、場合によっては三人乗りです。
駐在員は免許を持っていません。たまに警察に止められます。そんな時は1000円くらいを渡せば見逃してくれました。

▼KTVを初体験しました

ネットでしか見たことがないKTV。現地人によると国や地域、お店によって形態が変わるそうです。
今回行ったのは大型店らしく、ひな壇に50名近い女性が並んでいて、それとは別に舞台の上で30名くらいの女性が踊っています。
キャバクラに近いカラオケ屋で連れ出し価格があるそうです。今回は何もしませんでした。

▼別のKTVではマッサージが基本サービスらしい

別日で連れ出された店ではカラオケすらなく、基本はマッサージの流れで事をいたすタイプでした。これってKTVじゃないよね?
女性は現地人と他のアジア人、白人も少しいました。英語は結構通じます。酒は飲み放題でした。

▼また別のKTVではサウナ形式でした

これってFKKってやつじゃないの?と思いましたが、駐在員によると、「そんな細かい事はどうでもいいんだよ」との事です。
3件お店に行きましたが女性のレベルは金額に比例してました。レベルの高いお店は本当にベッピンさんが多いです。
客は意外と白人が多いことに驚きました。中国人と韓国人のトークの勢いはどこに行っても同じですねw
現地の華僑の人と一緒になったんですが、「楽しい遊びがしたいならいつでもおいで」と言われました。

▼楽しい遊びってなに?聞いてみました

ドラッグ、買春、ギャンブル、だそうです。俺は結構真面目なのでそういった類の事はやらないんですが、話しを聞くとソレ目当ての観光客と出張客がメチャクチャ多いそうです。

▼現地のドラッグ事情を聞いてみた

ほしい物は全て手に入るそうです。もし警察にばれても金でどうとでもなるそうです。
実際に売買の現場を目撃しました。バイクですれ違いざまにお互いのカゴにお金と商品を入れ替えてました。

▼俺は駄目やねん。少女買春の話し

この話しをは相当心が痛みました。いまだに人身売買が行われているそうです。それが当たり前だそうです。
育てる金がない。貧乏で金が欲しい。親の言い分ですね。
死ぬよりマシだ。稼いで親孝行すれば良い。買い取る業者の言い分ですね。
お金稼いで裕福になれば良い。買春側の言い分ですね。
裕福であれば幸せである、とは言いませんが、貧しい事が不幸であると思った話しでした。

▼やっぱり日本の風俗が俺は好き!!!!

海外の風俗は俺には無理でした。女性は綺麗だし金さえ払えば馬鹿騒ぎもできる。何より安いです。
でもね、悲壮感を必死に隠して明るく振舞ってるように見えるんです。
しかもその悲壮感が日本とは段違いに感じるんですよ。
なんだかなぁ。

* 関連記事

俺がPR[R-18]

福岡回春性感マッサージ倶楽部


TOP